やってもうた…
2018.07.11 Wednesday 22:20
1531314903958.jpg
今日は休みで、次男の習い事も無い日ですので、一緒に映画でも行こうかと思いまして、各映画館の予定を見てたら「ジュラシックワールド」って書いてあるし13日から公開の新作の先行上映だと思い、夕方 映画館へ〜  券売機で料金を払うと二人で1000円とやたら割安なので、不思議には思いながらお金を入れて、チケットが出てきた瞬間 ピンと来ました!そうです〜 感のイイ方なら もうお気づきですよね(苦笑) 新作の公開を記念してなのかなんなのか?何と御丁寧に旧作を割安でやっていたわけです。 そう言えばサブタイトルの「炎の王国」ってどこにも書いてないし… 次男に「それなら見ないし」って、あっさり言われるし、まぁーしょうがないんで、そのまま帰ってきました。「いやーこりゃ一本取られたな〜」

| - | comments(1) |
皆様にお知らせ致します。
2018.06.24 Sunday 21:02
1529841750113.jpg
石川県の方々は昨日の「北國新聞」朝刊を見られて、もうご存知かな?と思いますが、他の地域の今まで大変お世話になりました方々にご報告させて頂きますが、当店「懐石つる幸」は今年の11月いっぱいをもちまして閉店させて頂きます。本当に長い間お世話になりました! 「有限会社つる幸」は、存続しまして僕は、今いろいろとビビッと来る土地を物色中で、「いざとなれば一人仕事で!」をコンセプトに立ち上げの準備に掛かりたいと考えております〜 今までの店とは明らかに雰囲気から値段設定も変わるため、僕としては屋号は「つる幸」とは別にしようかと思うのですが、どうか「つる幸」の名前を残して欲しいという声もございまして悩んでおります。だけど、味とスピリットは「つる幸」のままですけどね(笑) こういう決断をしたのは、一つや二つの理由からではなく、いくつもの理由が有ったという事と、最近決めた事ではなく結構前から考えていた事なんです。大きな理由としましては、ご存知かもしれないですが、僕は3年程前に離婚しまして よって当店に若女将がいないわけで、大女将つまり母は、もう80歳近いので当然、体はキツいし、いつリタイアになっても不思議ではないです。これくらいの規模の料亭や旅館に女将は必ずいなくてはならないのです。それと僕的に25歳で大阪から戻って以来、何の疑いもなく二代目という立ち位置でおりましたが、ある時期に目標としていました、「ミシュラン」の星を二つ以上取る事と「情熱大陸」又は「プロフェッショナル」に取り上げてもらうという目標が2016年に叶ってしまいまして、しばらく「燃え尽き症候群」のような感じに陥っておりましたが、今の自分に問いかけ料理人としてやり残した事はないか考えましたら、「俺って、店を立ち上げた事無いよな〜設計もした事が無い。」って、事に気がついたんです。更にそう思うようになると、ここ20年近く全く調理をする事もないけど白衣を着てうろうろしている親父が、常連さんや昔からのお客さんをお見送りする時だけ帽子を被って、まるで今まで仕事してましたって感じで挨拶に現れるんですが、何にも知らないお客さんは、「親父、頑張るな〜 現場監督やな!」と完全に騙さてしまう… 私から見ると、「アホくさ!普通に考えたら分かるやろ…」と思いますが(笑)、腹が立つというより「これが立ち上げた人間の価値であり、要するにレジェンドってことか…」という思いがあり、朝から晩まで汗水たらしてお客さんに失礼のないよう神経ピリピリしているのが、二代目っていうだけで 美味しいとこ持っていかれるんなら、私も店を立ち上げさせて頂きますっていう思いが非常に強くなってしまったんです。はっきり言って僕の原動力って今まで全部と言っていいほど反発心から来てますし。また、今の日本の大きな問題である「人手不足」と暫く前のブログに書きましたが最近の若者のプロ意識の低さも大きな原因ですね。今の若い人って、仕事が出来なくてもあまり恥ずかしいとは思わないんですよね〰 また、何でも自己流にして失敗して困れば、上に頼るという事の繰り返しで、仕事の重みを感じる事は皆無のように見えます。こちらとしては、大いにストレスが溜まります。今の「つる幸」は、僕が叩き上げられた店とは違います。そうです、最大の理由は「今のつる幸が好きではなくなったから!」なんです… 結構ぶっちゃけてしまいましたが、皆さん安心して下さい!それでも僕は粘りながら最後まで やり遂げますので。分かりやすく言いますと、車に例えると長い間普通にベンツやBMW を運転してましたが、CH-R やジューク等のSUV 車に燃費もイイし乗り換えたくなったってオチです(笑)。長々と本当に失礼しました。

| - | comments(3) |
ホンマに懐かしい!
2018.06.20 Wednesday 08:31
1529451081734.jpg
マジソンバックだぞ〜 懐かしだろう〜  僕が中学の時は、どんなツッパリ君もガリ勉さんも男女を問わず皆、これを持って通学していたよな… 学生鞄は、ペッタンコにして教科書はほとんど入らないし、むしろマジソンバックに何でも詰めていたかもしれないですねぇ。当事は、白を使っていたし本当は、白を手に入れたかったんだけどね。

| - | comments(1) |
この街の食文化は変わった。
2018.06.07 Thursday 01:43
1528303392226.jpg
私がこの一年漠然と肌で感じていた事は、今日確信に変わった。今日は、金沢市の「平山」さんという新進の日本料理屋にお客さんから強く薦められて行って来た。非常に考え抜かれた料理の数々をリーズナブルな金額で提供しておられて、しかも内装、外装もイイ感じにされていて、とても勉強になりましたね!
金沢市は、政令指定都市にさえなっていないのに、日本で数少ない料亭文化の残る街で有るが、北陸新幹線の開通に伴い金沢の人もまた感覚が東京人化したように思います。つまり、何かを得た代わりに何かを失った。その一つが「料亭不必要感」のように感じる。今、金沢には平山さんや、先日ブログにも書いた、片折君など日本料理の新しい店が正に戦国合戦のようになっております。これを勝ち抜くには、確かなスキルとアイデアが必要になると思うが、私的には、どんなジャンルの人間でも会社の屋台骨を必死に支えた事の有る人間は、例えどんな状況になったとしても強いと思います。 逆に、美味しいとこだけ摘まんで行ったような人間は薄っぺらいし そういう者は、人としての魅力は無いように思います。 難しい話しになったけど、「平山」さんの料理は、大変満足の料理でございました。さぁ〜、皆 真面目で研究熱心な若手の料理家が多いぞ、このままではヤバイよ!ヤバイよ〜どうする「金沢料亭組合」。

| - | comments(1) |
6月2日の「ごはんジャパン」視聴お願いします。
2018.05.29 Tuesday 23:01
1527602458813.jpg
この美しい女性は、僕が高校の時に「なーんて、可愛い子だろう!」と、カレンダーまで買って部屋に飾った森尾由美さんだぜー 部屋のカレンダーを当事の彼女が「森尾由美さんだけは許さない!」と、外そうとするし「何するんや〜?」って聞いたら「明菜ならイイけど…」って、よく分からないっすね…  とにもかくにも、私は森尾由美さんと撮影が出来て大変嬉しかったです。内容は、面白いはずなんです!ぶっちゃけ、ディレクターのN さんのセンスに掛かっているな〜 なんと言ってもテレビを面白くするのも、つまらなくするのも、ディレクターの手腕だしね。映画で言えば監督な訳ですから… とりあえず、6月2日 土曜日夕方18時半はテレビ朝日にチャンネル合わせて下さいませませ!

| - | comments(1) |
1/178 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>



qrcode
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved., Material by Line301