<< ケーキのアップです! | main | やっと出た! >>
料理長怒る
2017.01.18 Wednesday 22:50
1484747429599.jpg
15日は、いつもの神社で左義長でして、朝 雪の中行って来たんですけど、本当に残念な思いになりましてね… 左義長って子供の頃は、皆楽しみでしたよ。針金買って来て餅やさつまいもをアルミホイル巻いてそれを繋げて焼いて食べるんです。それを大人達は、笑いながら見ているんです。俺なんて、昔はもっと雪が積もるんで餓死した鳩が可哀想で一緒に火葬してました〜 それでも大人達は寛大でしたよ。大人達は古い年賀状や御札、縁起物を当たり前に焼いていましたしね… 最近では、ミカンや干し柿やビニール等は、入れないで欲しいと社会のルールに合わせた事も言われるのは、まだ仕方ないかなと思いますが、今年はちょっとあまりにも見張っている氏子さんの発言に疑問を感じたんですが、いつも使用済みになった貯金通帳や昨年の年賀状を焼いてたんですが、何と今年は「それは家のゴミとして処理する物でしょ!家に持って帰って処分して下さい。」って言うんですよ…ゴミとして捨てるのは、如何な物か&#12336;と、人としてのモラルを問う品だから、こういう機会に有り難く焼くんだろが!と、思うんだけどね〜正月、神社で販売した御札や縁起物は焼きますとの事、ようするに神社で販売した物は、処分しに来てイイけど、市場や郵便局で買った物は、家で捨てろって事らしいですね。 更に店から左義長のお礼金を包んでいたので、「社務所に持って行きますか?」と尋ねると「それは、賽銭箱に入れといて下さい。ハイハイ、ご苦労様です」と、とても神に仕える人ではなく、なんかまるで ふとどきな迷惑行為をする一部の観光客を面倒臭そうにあしらうオッサンみたいな感じで、まったく氏子としては、修業が足らないな!一体、この人は将来どんな神主になるんだろうか?と思ってしまいました。側には、念のため消防士が2名いましたが、空いたダンボールを「焼いときますよ!」と気持ち良く言ってくれまして、公務員の方が全然、融通きくやんかい!って感じです。神社にいる氏子さんや巫女さんって、決して目には見えない神様に仕えるという、言わば非常に夢の有る 現実には曖昧な世界観で生きている人達なんですよね&#12336; それが、こんな夢の無い事言い放っててイイんかい?って思います〜  寺社とは、人々の心のよりどころなはずですよね!? こんなんじゃ、ますます子供は行かなくなりますし、あっさり燃えてちゃ左義長の意味無くなるんじゃないの?

| - | comments(1) |
Comment
河田様〜♪
せっかく楽しみになさってみえました左義長が、
全くもって、残念な事になられましたね。。。
私も読ませていただき、怒り心頭でございます!
皆様の思いのつまった品を、ありがたく焼かせていただく、
そんな事の何が悪いのでしょうかね。
しかも紙製品ですし、焼いてはいけない理由が解りませんね。
しかも、ご丁寧にお礼金まで包んでいかれたのに、
不躾な物言いに、腹が立ちます。
神や仏に仕える方とは、全く思えませんですね。
氏子様としては、本当に残念な思いでいっぱいの事と、
お察し致します。
左義長のありがたみが無くなりますね!
From : y.sawai 2017/01/19 3:48 PM










Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




qrcode
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved., Material by Line301